ホームページを更新しました

皆さま、いかがおすごしでしょうか。9月に入り、すっかり空や風は秋の雰囲気に変ってきました。

おんぽ道の活動は、緊急事態期間を繰り返しながら試行錯誤で、なかなか思うように活動ができないのが現状です。皆さまにどうやって利用していただけるか、、、

活動日も少し変わりました。主に、火曜日、金曜日が出張可能日になりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

なるべく体験会を増やして、初めての方にもご利用できるようにしたいと思います。
まずは、ネットからの情報発信も力をいれていきたいと思います。

今後とも、宜しくお願いいたします。

おんぽ道セラピスト 小川明美

無料体験会*8月18日(水)のお知らせ

いつもありがとうございます。

残暑お見舞い申し上げます。
以下の日程で、無料体験会を行います。

1名様につき、20分程度の施術体験ができます。
ご都合のよい時間に直接、会場へお越しください。
特に予約制ではありませんが、もし待ち時間など気にされる方は、事前にお問い合わせくださいませ。宜しくお願いします。

●施術メニュー/かっさ・よもぎ温補セラピー®・リフレクソロジー
●お子さま連れも歓迎/中学生以上でしたら施術体験が受けられます
●持ち物/フェイスタオル2枚
●日程/8月18日(水)12時~16時頃
●場所/中野区産業振興センター(3階 和室)中野区中野2-13-14(中野駅より徒歩8分)
https://nakano-sangyoushinkou.jp/

会場の様子
ハンドかっさ

●体調が悪い時は無理しないでください。ワクチン接種直後の方は、副反応がでる可能性がございますので、申し訳ございませんが、接種後2週間以上あけてくださいませ。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

今後のおんぽ道の活動について

残暑お見舞い申し上げます。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

今年は初盆を迎えます。
といっても実家に帰ることはなく、
お空へ帰った家族への思いをはせるだけですがイエローハート

おんぽ道へ再開を向けて動きだそうとすると、周りの状況が影響してしまい前へ進めることができず、、
それも1回2回ではないので、まだ立ち止まったほうがいいのではないか・・・とか、今のライフスタイルに負担があるのでないのか、見直す時間にもなりました。

はじめは短時間でもいいから、なるべく多くの時間を使って活動したいと思いましたが、今はあまり肩ひじ張らずに、プレッシャーにならない程度の活動ペースにしようと思います・・・

また活動スケジュールについては、ブログやホームページ等に逐次アップしていこうと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

おうちでやってみよう!よもぎ風呂

「ヨモギはハーブの女王」と言われるくらい、世界でもよく使われいてる草です。日本では、春先(4~5月)にかけて、よもぎ餅やよもぎ蒸しなど親しまれていますね。

最近「よもぎ茶」が健康によいとツイッターなどで見かけたので「飲んでみたい!」と思って、さっそくネットで検索してみたのですが、道端に生えているよな・・・とも思ってしまい、実家(西八王子)に行ったときに道端にはえていたよもぎを採取しました(笑)

念願の「よもぎ茶」と「よもぎ風呂」もやってみようと思いましたが、どちらもよもぎパワーを感じました。
生命力が強いからこそ、薬草にもなるんだろうな~と感じるくらい、味はややクセがあるので、子どもには薄めたりしたほうがいいかもしれませんね。

よもぎ風呂は、以前カモミール風呂をしたときに肌が痒くなってきた経験があったので、薄めで試しました。お風呂に入りながら、何かスベスベかも~~って気がしました(笑)なんでも継続しないとダメですね。ですが、やはり毎日入ると、ちょっと肌に刺激が強いきがしますので、ほどほどに続けていこうと思います。

よもぎ茶の作り方(3~4杯分)

  1. よもぎの葉を5センチくらい?葉っぱが10枚くらい(目安)分を採ってくる
  2. 急須に葉っぱを入れて、お湯を入れて5分くらい蒸らしてから湯呑につぎます
  3. 濃く感じる場合は、お湯を足してください

よもぎ茶の成分


風邪はひきはじめ肝心!

この記事に掲載している対策法は個人差があります。一つの選択肢として参考になれば幸いです。また、医療を否定するものでもありませんので、心配がある方は、すぐにかかりつけの病院、医師に相談してください。

私のこどもは3歳です。働きながら保育園に預けているため、夜に熱が上がりだしたとき、翌日の仕事(シフト)に穴があくかもしれないと思って、事前に「休む可能性がある」と連絡を入れています。過去数回、そういったケースがあったにも関わらず、翌日には、ほぼ熱が上がらず幸い仕事を休むことはありませんでした。

ある日、職場の人(子育て中のママ)から「よく熱が下がるね」って言われました。
私は「(こどもの)体を すぐ温めているから大丈夫!」と答えました。その人は「やっぱり体を温めるっていいんだね」っと言ってました。こどもに関わらず、大人の私も、風邪の引き始めに行っていることを、こどもに同じようにやっているだけですが、今までに、これで大事に至ることはなかったので、今回はその対処法を紹介したいと思います。

注意!体質の問題もありますので、あくまで体験談としてお読みください。

ぶるっと、寒気がしたな・・・いわゆる風邪のひきはじめ症状です。

東洋医学では「風の邪気」と呼ばれるものが背中の風門から体内に入って、首の風池にたまり、後頭部の風府に集まってかぜをこじらせるとしています。

「図解よくわかる ツボ健康百科」より

まず、熱がなければ、水分をいっぱいとってからお風呂に入り、できるだけ汗を出します。(お風呂上りも水分補給します)
すでに熱があるのであれば、風呂には入らず、厚着をして汗を出します。汗をかいたら、こまめに着替えてください。汗冷えをしてしまいます。

食べ物について

  • 水分は、白湯、緑茶、栄養ドリンク、葛根湯、ビタミンCが入ったもの、生姜湯、卵酒、生姜湯など
  • のどの痛みがある場合は、純正はちみつをスプーン1~2杯、そのまま飲む
  • 食べ物は、無理して食べなくてもよい。食欲がある場合は、たんぱく質、ビタミンC、ビタミンAが含まれているものや、消化によいものがおすすめ

温活・温めるツボの場所

よもぎ温補セラピー® おわん1個を用意します。
または、それに代用できる「温熱療法グッズ」を用意します。

以下の場所を温めます。

温める場合は、15~20分程度(寝る前がおすすめ。食後すぐは避け、気分が悪くなったらすぐにやめてください)
汗をかいたらこまめに着替え、水分補給を忘れずに。
とにかく、汗を出すこと=体温があがる→免疫力があがる→代謝があがることで、風邪ウイルスをやっつけてくれます。この方法をやるタイミングは、とにかく早ければ早いのこしたことはないです。

あと「仙骨」や「脚のつけ根」をしっかり温めると足先まで温かくなります。
冷え性の方は、末端が冷えていると思いますので、足元は靴下をはいてもいいと思います。

このケアは、風邪のひき始め以外にも、普段の温活にも応用ができます。
もしよかったら、試してみてください。

お知らせ*おでかけコミュニティサイト – リトル・ママ に登録しました。フォロー宜しくお願いします♪

おでかけコミュニティサイト – リトル・ママ( https://l-ma.co.jp/ )に登録しました。

コミュニティ名「温活専門おんぽ道・ママとこどものためのサロン」
https://l-ma.co.jp/communities/771

毎日のヘルスケアとして「愛かっさ」を、冷え性の方に「よもぎ温補セラピー®」をお届けしている「温活専門おんぽ道」のコミュニティです。体験イベントや講座のご案内を発信していきます。