愛かっさ(刮痧療法)

優しくほぐす・ストレス解消「かっさ」

日本では、まだ馴染みがないかもしれませんが「刮痧(かっさ ) 」とは、中国六大伝統医学( 針・灸・漢方・按摩・気功・かっさ)のひとつになります。
歴史としては、約2,500年前からある非常に古くから伝えらてる医療のひとつです。

やり方は、水牛の角でできた「ヘラ」を使い、皮膚を刺激していきます。それにより、緊張した筋肉やコリをほぐし毒素を排出し、新進代謝・免疫力を改善します。

主な施術場所ですが、頭、顔、手、足と、ほぼ全身に施術が可能です。
それぞれの部位に、「経絡」「ツボ」「反射区」があり、クライアントの体調・症状に合わせてケアをしていきます。

おんぽ道のかっさは、中国伝統家庭健康手技として「母から子へ愛を伝える手段」として受け継がれてきました「愛かっさ」の独自技術です。「愛かっさ」とは、一般社団法人 日本経絡かっさ促進会にて資格取得したもので、特長は「痛くない・赤くならない」ことです。
また、服を着たままで施術ができるので、気軽に未病予防、健康づくりとしてケアができます。