手や足にある「反射区」を刺激し、体はもちろん
手の届かない内臓や神経の自然治癒力をアップします

「リフレクソロジー」という言葉を聞いたことがありますか?「リフレックス=反射」「ロジー=学問」つまり反射学という造語です。この「反射区」の考え方にそって施術を行うことで全身(内臓も含めて)がスッキリします。

ただ老廃物を流して、血行が良くなっただけではなく、副交感神経を高める作用もあり、このリフレクソロジーを行うと眠たくなる人も多いくらいリラックス効果もあります。

リフレクソロジーと一言でいっても流派(台湾式、ドイツ式など)はいろいろありますが、おんぽ道で提供しているメニューは、一般的な足もみのお店で行うリラクゼーション目的とした手技になります。

オイルクリームを使用し、指の関節または指のハラをつかってほぐしていきます。

メニューは「フットケア(足うら)」「ハンド」になります。「フットケア」は、下半身の疲れ、立ち仕事、座り姿勢が長い方はもちろん、あまり体を触られたくない方にもぴったりです。

朝おきると足がつったり、むくみが気になる、とにかく体がだるい方には、ぜひ一度 受けていただきたいです。

「ハンドケア」は、手のひらは第二の脳と言われるくらい神経がたくさん集まっており、指先を刺激すると脳にも刺激が伝わりリラックス効果もあります。首肩の疲れ、上半身の疲れもとれ軽くなります。